地盤改良

地質調査で問題をあぶり出し|災害に備える家造りをしよう

安定した地盤

作業員

地盤調査の重要性や地盤改良について

住宅を建設する前にはできるだけ地盤調査をしておく必要があります。地盤調査をすることで、その住宅を建てる前に地盤改良が必要かどうかがわかります。もし、地盤改良をするのであれば、150万円ぐらいはかかることがあるので、その土地をあえて得ればないという考え方もありますが、どうしてもその土地に住宅を建築しなければならない場合は、その分お金がかかることを覚悟しましょう。地盤改良は、表層改良工法と柱状改良工法、鋼管杭工法の3種類があります。地面を掘って軟弱地盤が2メートル以内で、それより下が優良地盤であれば表層改良工法で十分です。軟弱地盤が8メートル以内であれば柱状改良工法、8メートル以上、20メートル以内であれば鋼管杭工法が妥当します。

土地の名前から地盤がわかる

地盤調査をする前にある程度は土地の名前から地盤が弱いかどうかがわかる場合があります。土地の名前というのは何らかの意味があるのことがほとんどです。例えば、山が付く土地には山があるか山の近くにある場合がほとんどです。このように土地の名前はその土地がどんな土地だったかということを判断する材料になるのです。軟弱地盤であるかどうかを判断するには水に関する土地の名前を探すことです。例えば「川」が付く地名や「江」が付く地名、そして「浦」が付く地名は水が短いにある地名で、その多くは軟弱地盤であることが多いのです。また「谷」が付く名前も低い場所を意味し、そこに水が集まる可能性が高いため地盤調査をしなくても軟弱地盤である可能性も高いと言えます。